トーナメント

バルセロナで開催されるサッカーワールドカップアカデミーは、毎年夏に30年以上開催されている世界中の若いサッカー選手のための国際トーナメントです。スペインやヨーロッパの重要なチームのスカウト担当者の視線が集まることからもわかるように、世界サッカーで前途を最も有望視される若手選手の動向を知る上で理想的なトーナメントとして知られています。

1975年以来、F.C.バルセロナ、レアル・マドリードC.F.、バレンシアCF、ACミランなどの有名なサッカースクールを含む20,000組以上のチームが参加しています。また、ここ数年だけでも、ロシア、カメルーン、メキシコ、ニュージーランドなど世界のさまざまな国から300,000人以上に上る選手が参加しています。参加選手の多くは、各国の代表チームに選出されたり、ヨーロッパやアメリカの世界最高峰の1部リーグでプロのサッカー選手として活躍したりしています。

本ワールドカップは、勝敗よりも選手の養成に目的を絞った革新的な催しです。フンダシオン・マルセでは、試合自体は、目的ではなく、選手養成プロセス内での学習の手段として位置付けられています。このため、10日間の会期中には、特別に研究された技術講座が組み込まれ、最高レベルで競技するために必要となる技能や価値観をが教授されます。

トーナメントは、7日と3日の2つの期間に分けられています。最初の7日間で、6つのチームで構成されたグループの間で総当り戦を行う世界サッカースクール選手権が行われます。最後の3日間は、すべてのチームがもう一度ゼロから戦い、勝利を手にする機会が平等にある世界のサッカースクール間のワールドカップが行われます(ただし、選手権の予選を上位で通過したチームは下位で通過したチームと最後に対戦します)。競技会は、閉会のパレードとメダルの授与で終了します。

Abrazos本ワールドカップには、チーム全体としても、自由参加の選手としても参加できます。自由参加の選手は、試合のために他の自由参加の選手とチームを組むことになります。サッカー選手養成のための世界的な祭典であるこの競技会に参加する唯一の条件は、トーナメントの目的に掲げられている、「他人を尊重すること」、「仲間意識を大切にすること」、「努力を惜しまないこと」、「清潔と衛生を心がけること」、「誠実であること」、「フェアプレイの精神とスポーツマンシップをいかなる場合にも持ち続けること」などの価値観を守ることです。

 

 

This post is also available in: 簡体中国語, 英語, フランス語, ロシア語, スペイン語, アラビア語, ポルトガル語(ブラジル)